2014年04月13日

「確認のしかた」の達人

1 話し合いであいまいな所を残さない

2 話のズレを直す

@ 社・部・課の戦略的面についての確認をする

A 前提条件の確認をする

B 問題意識・危機意識のズレを確認する

3 抽象的な話は、具体的に確認する

4 内容が複雑な場合は実物を見せてもらう、あるいは体験させてもらう

5 評価領域の事柄も具体的に確認する

6 定期的なものは定量的に確認する

7 相手の狙いを確認する

8 今後のスケジュールを確認する


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



<解 説>

日本人の会話は、主語を省略することが多かったり、結論に含みを持たせたり、「あれ」「それ」という指示代名詞を多用したり・・・と、あいまいさを多分に残しやすい。「危ないな」と感じたら、話がこじれる前にチェックしておくといい。それを面倒がって省いていると、気がついたときには修復困難なほどのギャップが広がってしまう。


<ポイント>

1)少しでもあいまいな箇所があれば、即座に質問する。さもないとあとで確認しづらいことが多い。

2)Aお互いに当然のこととして確認していないところにズレがあることが多い。

  B相手は問題と思っていないかもしれない。特に危機意識については、相手はそれほど逼迫感を持っていないかもしれない。

【関連する記事】
posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報・連・相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394496126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。