2014年07月03日

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】その2

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】その2



1 その場でできることはその場で処理

2 よいことはすぐに実施

3 何事も中途半端にしておかない

4 広く深いネットワークを持つ

5 アクション・リストの作成

6 ものの考え方、意識の革命

@ 百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず

A うまく実行することのほうが、新しいアイディアを生み出すより往々にしてより生産的

7 スケジュール管理によるタイムリミット

8 3人称から1人称へ

9 先手の人生を歩む

10 できない理由ではなく、できる理由を捜し出す


■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<ポイント>

1)たとえば、次回の日程等を打ち合わせるなら、「そのうち」でなく、その場でアポを取る。

3)進む、中止、検討、待ち −−− のいずれなのかを明確にする。

4)充実したネットワークを持つことによって、抽象名詞でなく、固有名詞で具体的に話を進めることができる。

5)メモ程度でよい、その日の行動計画を作成する。

8)「人が何々と言っていたから」から、「自分はこう考える」、さらに「自分はこうする」へ。


posted by ホーライ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジャーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400617063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。