2014年07月06日

ムダの省き方

1 単純化する

2 人の節約をする

3 時間の無駄を省く

4 資源・エネルギーのムダを無くす

5 場所のムダを省く

6 少なくするより、まずなくすことを考える


--------------------------------------------


<解説>

ムダというものは、コレステロールのように、知らないうちにたまってくるものである。

定期的にムダを省くために、大ナタを振るうことが大切である。とはいっても、戦略上、適当なムダ(アソビ)のあることが、かえってクッションの働きをして都合のよい場所もあるので、注意する必要がある。


<ポイント>

2)ムダな仕事をしていないか、を点検。同時に、重要な仕事が抜けていないかも確認。戦略面からも確認。

3)「時間管理法の基本」参照。

4)経済計算の伴った代替案を考える。

8)場所の価値を認識する。特に東京のような地価の高いところでは。



posted by ホーライ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。