2014年07月06日

ムダの省き方

1 単純化する

2 人の節約をする

3 時間の無駄を省く

4 資源・エネルギーのムダを無くす

5 場所のムダを省く

6 少なくするより、まずなくすことを考える


--------------------------------------------


<解説>

ムダというものは、コレステロールのように、知らないうちにたまってくるものである。

定期的にムダを省くために、大ナタを振るうことが大切である。とはいっても、戦略上、適当なムダ(アソビ)のあることが、かえってクッションの働きをして都合のよい場所もあるので、注意する必要がある。


<ポイント>

2)ムダな仕事をしていないか、を点検。同時に、重要な仕事が抜けていないかも確認。戦略面からも確認。

3)「時間管理法の基本」参照。

4)経済計算の伴った代替案を考える。

8)場所の価値を認識する。特に東京のような地価の高いところでは。



posted by ホーライ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】その2

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】その2



1 その場でできることはその場で処理

2 よいことはすぐに実施

3 何事も中途半端にしておかない

4 広く深いネットワークを持つ

5 アクション・リストの作成

6 ものの考え方、意識の革命

@ 百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず

A うまく実行することのほうが、新しいアイディアを生み出すより往々にしてより生産的

7 スケジュール管理によるタイムリミット

8 3人称から1人称へ

9 先手の人生を歩む

10 できない理由ではなく、できる理由を捜し出す


■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<ポイント>

1)たとえば、次回の日程等を打ち合わせるなら、「そのうち」でなく、その場でアポを取る。

3)進む、中止、検討、待ち −−− のいずれなのかを明確にする。

4)充実したネットワークを持つことによって、抽象名詞でなく、固有名詞で具体的に話を進めることができる。

5)メモ程度でよい、その日の行動計画を作成する。

8)「人が何々と言っていたから」から、「自分はこう考える」、さらに「自分はこうする」へ。


posted by ホーライ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジャーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】

【計画(目標)どおりに事が運ばないとき】

1 早急に原因、対策、計画を考え、行動を起こす

2 水平思考を試みる

3 目標変更をする


■■■■■■■■■■■■■■■■■■




<解説>

計画どおりに事が運ばないことが分かったときは、既に遅いという場合が多い。

「スケジュール管理の基本」の項を実戦することがまず大切である。

にもかかわらず、計画どおりに事が運ばないときは、意を決して本項を真剣に吟味、実行するとよい。


<ポイント>

2)今までとまったく違ったアプローチを試みる。

posted by ホーライ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジャーの仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

【多忙の中から時間を作る法】

【多忙の中から時間を作る法】

1 効率的な仕事をする

2 仕事量を減らす

@ 戦略的に重要なものに絞る

A 人に任せる

B 無理な計画を立てない

3 後手後手から、先手先手のパターンへ



■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<ポイント>

1)時間管理法の基本を参照。

2)A任せられる人をうまく育てているか。 B不可能なことをやろうとしていないだろうか。

3)心の余裕とともに頭を使った真に効率的な仕事ができるようになってくる。


posted by ホーライ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイムマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

(効率的行動法:その2)戦略、基本方針に関する関係者のコンセンサスを得る

(効率的行動法:その2)

1 戦略、基本方針に関する関係者のコンセンサスを得る

2 すぐれた実行計画を立てる

3 定期的にチェックする

@ 重要事項、問題点については特に徹底したチェックを行う

A 人に任せっぱなしでなく、必ず定期的チェックを行う

B 極力直接会って進捗状況を話し合う

C 必ずスケジュール表との対比を行う

D どこかで何もしない状態になっていないか 

−−−に常に気を配る

4 非定常業務の場合には特に注意して管理する



■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<ポイント>

3)C関連業務全てのスケジュール表を整理して持っておく。

4)非定常業務とは「実績の無い業務」「定常業務であっても、その人にとっては初めての業務」のこと。

定常業務のように正確に仕事内容、作業量などを見積もれないので、スケジュールが狂いがちになる。

また、新しい問題が生じやすい。

そこで、人が問題にぶつかっていれば、解決のために手を貸す。

posted by ホーライ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。